ういろう日記

uirounikki.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

伝統

今日は2本立て。

先日まで開かれていた生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の
会場にも足を運んできました。
本会議の会場に隣接する白鳥地区では、
たくさんのNGOやNPO、政府や自治体、企業のブースが出ていました。
いろいろと見て回って、今後の参考になりそうな資料を集めていたら
ザックがとても重く…予想を超えるものになりました。

そんな中で気になったブースの一つが林野庁です。
そこには「伝統的檜皮葺(ひわだぶき)屋根」の模型が展示してありました。
模型と言っても、ちゃんとヒノキの皮を使って忠実に作ってあります。

檜皮葺とは、檜(ヒノキ)の皮を屋根材に使って葺いているものです。
そのヒノキの皮は樹齢70年以上の木から、
傷つけないよう木のへらを使って丁寧に採取します。
そうすると皮は再生し、10年後にはまたその木から採れるそうです。
剥いだ皮は丁寧に処理されて、これまた丁寧に葺かれます。
葺いた屋根は30~40年で葺き替えるそうです。

普段、ものつくりプログラムをやっているからなのか、
余計にその作りに感心しました。何より美しい!
皮剥ぎから屋根葺きまで、一通りその制作風景を見てみたいものです。

f0138921_012952.jpg


f0138921_014339.jpg


伝統的に作られてきたモノの素材や作りはとても無駄が少ないですね。
直しながら使えば長く使えるし、最終的には素材は土に返る。
これは昔から生活の中で使われてきた民具でも同じですが、
制作に時間や手間はかかるけれど、その使い心地や造形美は
代替えの素材の製品(プラスチックなど)では味わえないものです。

これら自然をうまく利用したものを残していく為にも、
いい自然環境を保ち続けていければと思います。
[PR]
by uirou-nikki | 2010-10-31 00:07 | nikki

秋の装い

急に寒くなったと思ったら、今度は台風。
悩ませてくれる気象状況が続きますね。

先日、小菅に行った際には峠道などで紅葉が見られました。
ここのところの冷え込みで、色づきもよくなったのかな。
曇り空だったので写真では映えていませんが、
色づき始めた木々たちはキレイでしたよ。

f0138921_2372829.jpg

[PR]
by uirou-nikki | 2010-10-30 23:58 | nikki

秋の香り

残暑もおさまり、ようやく秋らしくなってきましたね。
陽射しはまだまだ強く感じますが、
夜風はすっかり涼しくなりました。

この時期の香りといえばキンモクセイ。
事務所の窓から‥・
自転車を走らせている時‥・
ふわっと漂うキンモクセイの香りに秋を感じます。

そういえばキンモクセイの実を見たことないなぁ
と思ったら、雌雄別株で日本には雌株が入ってきてないそうです。
確かに、改めて写真を見たら雄しべだけだ。

雌花や果実はどんな感じなんでしょうねぇ。


f0138921_2264022.jpg

[PR]
by uirou-nikki | 2010-10-06 22:36 | nikki