ういろう日記

uirounikki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:program( 17 )

茶臼山高原その2

早くも流行りにのっているのか、鼻や喉がムズムズしている感じです。
とはいいつつまだ2月。
気を抜くと冷たい空気がやってきます。

前回に引続き、2月の最初の週末に茶臼山高原に行ってきました。

今回は、観光モニターツアーの講師として参加。
出発の朝は名古屋の栄でも雪がうっすら積もっていたような天気だったので、
茶臼山高原の雪の様子に期待しながら出かけました。

初日は天気があまり安定せず寒さが目立ちましたが、
子供たちはお構いなしで雪と戯れていました。
そして2日目は念願の青空が広がり、絶好の雪遊び日和。
みんなと思いっきり遊べて、私も楽しく満喫できました。

写真は2日目の朝にみんなで見に出かけた日の出です。
その後散策をしていると、青空が広がり樹氷がより映えていました。
朝食後の雪遊びでは、いい笑顔がたくさん見れましたよ。

私は、いつもながら雪や氷の白さと空の青さの色合いに
うっとりとしてしまっていました。

f0138921_10563632.jpg


f0138921_10565952.jpg


f0138921_10572019.jpg

[PR]
by uirou-nikki | 2010-02-15 11:27 | program

茶臼山高原

喜一さんのブログでも紹介されているかと思いますが、
1月30-31日と茶臼山高原にてキャンプをしてきました。

清見にいたころは当たり前だった冬の雪景色も
瀬戸ではほとんど見ることはありません。

そういえば雪の中でキャンプをしたのも
こっちにきて初めての冬にして以来ですね。
ずいぶんと雪遊びから遠ざかっていたものです。

清見に比べると雪の量は違いましたが、
雪はそれだけで遊べて、とてもいい自然素材ですね。
子供たちはとてもいい表情で遊んでいましたよ。

写真は、休暇村のフィールドから見た南アルプスの山々。
雪の白さと空の青さの相性はいつみてもいいものです。
ちょうど満月の頃だったようで、夜の月の出はとてもキレイでした。
ここから見ると、アルプス越しに山梨が近くも感じますね。

今週末も行く予定ができたので、
また雪景色が見られるのを楽しみにしています。

f0138921_23165824.jpg


f0138921_23172458.jpg

[PR]
by uirou-nikki | 2010-02-02 23:19 | program

梅の花

先日、近くの古民家でイベントが開催されました。

喜一さんもブログで紹介していますが、
講師を勤めている名古屋文化短期大学が所有する施設で、
白川郷から移築された合掌家屋があります。
これから始まる屋根の葺き替えを機に
環境教育への取り組みの場として展開されるそうです。

当日は、参加者が体験できるコーナーとして
スプーン作りのワークショップを開催してきました。
イベントの様子は、参加いただいた風の自然学校の武田さんも
ブログで紹介していたのでそちらもご覧になってください。


イベント開催前の周辺整備の際に、
剪定した梅の枝をいくつか拾ってきました。
だいぶ蕾も大きかったので2・3日で開花が始まり、
今では事務所にしている部屋が梅花の香りで包まれています。
そういえば専門学校時に選んだ住まいは、隣に梅の木があって、
その花の香りが選んだ決め手の一つとなりました。
何かと縁もあり、好きな花ですね。

f0138921_13141387.jpg

[PR]
by uirou-nikki | 2009-02-04 13:16 | program

夏の終わり

暦は長月へと移り変わり、涼風と共に夜の虫の音が涼しさを漂わせます。
8月後半の天気は、猛暑やら豪雨やらと極端な天候が多かったですね。

ファミリーキャンプ前日まで手伝いに行っていた風の自然学校のキャンプでは、
川遊びや魚釣りなど体を動かして楽しんできました。
また、久々にのんびり夜空を眺めて、流れ星もいくつか見ることができました。
写真はその時のものですが、ねらったアングルを忘れてしまったので、
向きが違っていたらゴメンなさい。

ファミリーキャンプは、前日からの雨続きで星空は見られなかったのは残念です。
パスカル清見のある大原地区は山に囲まれてはいますが、
割と広範囲の空を見ることができるんですよね。
でも、たくさんクラフトしたりしながら楽しくのんびり過ごしてきました。
そして最終日は待ちに待った青空。
2日目に行けなかった西ウレ峠へのハイキングにも出かけることができ、
木曽川の源流の水を口にしたり、大きなブナの木を眺めたりと森を堪能してきました。
写真のみんなの笑顔がとても素敵です。

ハイキングでは、数日間、日が出ていなかったので、
道端でヘビやトカゲを見かけることが多かったです。
きっと彼らもたっぷりと日光浴ができたことでしょう。

この夏も、いろんな場所で出会ったみなさん、ありがとうございました。

f0138921_21334655.jpg


f0138921_2134723.jpg

[PR]
by uirou-nikki | 2008-09-02 22:34 | program

もこもこ

暑い日が続きますね。
でも、昨日(17日)は日射しは強いものの、湿気をそれほど感じませんでした。
夜風もだいぶ涼しく、先日までいた清見での風を思い出しました。
青空に雲がもこもこと浮かび、遠くの山もいつもより見えていた気がします。

瀬戸では雨が少ないのも気になりますね。
庭は草たちに占領されていますが、水気が少ないためかちょっと元気がない感じです。
こんな時に草取りができればいいのでしょうが、
時間を見つけながらちょこちょこと抜いている程度ですので、
全体が終わる頃には最初の場所で草が元気になっていそうです・・・。

8月前半のプログラムでは、
長久手町平成こども塾のプログラムでティピーを作ったり、
パスカル清見でスプーン作りしたりしました。
参加していただいた皆さん、ありがとうございました。

8月後半は、21日に海上の森センターで「森のパレット作り」をします。
これは、あいち自然ネットという愛知県の自然体験団体や施設のネットワークを担う団体の
主催事業で、ART&LIFE自然学校も加盟し、今回プログラムを担当しています。
私たちは21日のみですが、事業は21日~24日まであり、いくつかの団体が交代で
プログラムを行っています。当日参加も可能ですので、ぜひ足をお運びください。
詳しくは、あいち自然ネット事務局へお問い合わせください。 TEL:0561-86-0606

また、29日~31日はファミリーワンダーキャンプが開催されます。
申込締切は過ぎましたが、まだ定員に空きがありますので、
興味のある方はぜひお申し込みください。詳細のご案内をお送りします。
http://www.art-and-life.co.jp/project/plogram.html

夏休みも後半戦、オリンピックなどもまだまだ盛り上がってますね。
暑さに負けずに過ごしていきましょう。

f0138921_3302819.jpg


f0138921_330481.jpg

[PR]
by uirou-nikki | 2008-08-18 03:32 | program

カメラ目線

週末、土曜日は奥美濃の山中でイベントの手伝い、
日曜日は平成こども塾でプログラムでした。
こども塾での様子は喜一さんが報告しているので、そちらをご覧ください。

奥美濃はホオノキの花がまだ残っていて、こちらに比べるとまだ涼しく感じましたが、
たくさんの緑に包まれてとても気持ちがよかったです。

オオルリやカジカガエルの声を聞いたり、
久々に木にぶら下がったたくさんのモリアオガエルの卵も見ました。
まだ産んで日にちも経っていないようでしたが、
何日かするとオタマジャクシが下に落ちて弱肉強食の世界が待っています。

写真のイモリはそんな卵のついた木の下にある水溜りにいました。
水の中にピントを合わせられませんでしたが、なんだかカメラ目線ですよね。
かわいい顔していますが、オタマジャクシを待っている一人(一匹)でもあります。
自然界で生き抜くことは大変なことですね。

今回は、写真が複数アップできるということがわかったので、
こども塾で作った竹のツリーハウスの写真も載せておきます。
材料はすべて竹を使いました。

f0138921_0204124.jpg

f0138921_023499.jpg

[PR]
by uirou-nikki | 2008-06-10 00:35 | program

皐月

慌しくGWを向かえ、前半は横浜、後半は清見へと移動していました。
ワークショップに参加してくれたみなさん、ありがとうございました。

清見では、桜が終わり、山が青々しくなろうとしています。
写真のホオノキは、「朴葉みそ」でよく使われるその葉を広げだしました。
今日の雨で、また一段と大きくなることでしょう。
夜の峠道では、ウサギ、イノシシ、テンに出会うこともできました。
ウサギはもう冬毛ではなかったけど、テンはまだ鼻先が白く体が黄色いキテンでしたよ。

今度の日曜日(5月11日)は、一宮市の真清田神社を会場に行われる
「杜の宮市(もりのみやいち)」でワークショップです。
スプーン作りと人数限定のシエラカップ作りを予定しています。

また、この日からは長久手の平成こども塾での今年度のプログラムも始まります。
こちらは会員制のプログラムですが、2008年度は世界に目を向けたテーマで
プログラムを繰り広げる予定です。

久々に喜一さんと手分けしてのプログラムですが、私は一宮の方へ出向きます。
たくさんのみなさんの参加をお待ちしています。

f0138921_20574517.jpg

[PR]
by uirou-nikki | 2008-05-05 21:11 | program

あと少し

先週末からお天気もよく、春だなあと感じています。

庭のモクレンの蕾から白い花弁が見え始めました。あと少しで開花です。
写真の白いバックは、家とセミナーで使った布団。
昨日も天気がよかったので、しっかり干せました。
今日、明日は雨のようですが、水をたくさん吸って、
次の晴れ間には開花してくれるかな。

先週の土日は「自然体験クラフトリーダー養成講座(竹編)」を開催しました。
これは、ART&LIFE自然学校が得意とするクラフトプログラムを素材別で紹介し、
クラフトの楽しさを再認識してもらい、体験活動におけるクラフトの向上を願うものです。

今回は「竹」を素材として、プログラムを楽しくする楽器作りをしました。
実際、作りながら音を確かめたり、鳴らしているうちに楽しくなったりして、
音色と共に笑顔も出ていたような気がします。

次回は、4月4~5日に「金属」を素材としたセミナーを1泊2日で開催します。
アルミニウムを使って、野外活動で役立つツール(スプーン、カップ、チェア)を作りながら、
その加工法やキット作りなどを紹介する予定です。
参加者募集中ですので、お申し込みお待ちしています。

f0138921_1153672.jpg

[PR]
by uirou-nikki | 2008-03-19 12:09 | program

霜月

先日、10日・11日と名古屋市中区長者町繊維問屋街「ゑびす祭」
スプーン作りワークショップに参加いただいたみなさん、
ご来店ありがとうございました。
特に日曜日は雨が降ったり、冷たい風が吹いていたりしましたが、
両日とも、たくさんのみなさんに参加いただき、とてもうれしかったです。
また、ゑびす祭実行委員のみなさまにも大変お世話になり感謝いたします。
ありがとうございました。
今後も機会があればこのような活動も取り入れていきたいと思います。

11月に入り、いよいよ寒さがやってきましたね。
飛騨では初雪もあったそうで、だいぶ冬へと近付いています。
日に日に寒さが厳しくなっていきそうですが、
みなさんも体調管理にお気をつけください。

この冬は、ものづくりプログラムのための企画を考えています。
各回一つの素材に焦点を絞り、作品を作りながら道具や素材の取り扱い、
加工法や注意点などを紹介していくというものです。
開催日など詳細が決まりましたら、ホームページなどでまたお知らせしますので、
いましばらくおまちください。

f0138921_22453.jpg

[PR]
by uirou-nikki | 2007-11-14 02:07 | program

紅葉

日曜日にパスカル清見でシエラカップ作りのワークショップがあり、
どのくらい寒いかなと上着をいろいろ持って出かけてきました。
参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

朝はさすがに肌寒く感じましたものの、日中は太陽の日射しが暖かく、
そんなに持ってこなくてもよかったようです。
青空の広がるせせらぎ街道には、たくさんの人が訪れていました。

青空と紅葉はいつ見ても美しいものですね。
樹種や立地条件などによって、赤かったり黄色かったり、
半分だけ色づいた葉っぱがあったりと、たくさんの表情に出会えました。
この時期が終わると、飛騨はいよいよ冬支度かな。

冬のプログラムも、近いうちにHPでお知らせします。
また参加者の皆さんと楽しい時間をご一緒できることを楽しみにしています。

f0138921_18432577.jpg

[PR]
by uirou-nikki | 2007-10-29 18:45 | program